探偵 仕事内容

探偵の仕事内容について

探偵の仕事内容は、浮気調査身上調査所在調査などの調査が主な仕事になります。
そのために、非常に秘匿性が高い職業ですが、特に、専門的な資格等が要る訳ではありません。
雇われ探偵になるためには、インターネットのwebサイトや新聞広告などで募集していることが多いです。

 

漫画がドラマで描かれている探偵の仕事内容は、難題な事件を推理で解決したり、ド派手なアクションがあったりするので想像とはかけ離れているかもしれませんが、実際の探偵の仕事内容はとても地味です。

 

自分自身で探偵事務所を経営するには法律で定められているため、警察署から公安委員会宛てに届け出を出さなければいけません。

 

探偵の主な仕事内容は、相談業務や調査業務をこなし、それを最終的に報告書にまとめます。
さらに、調査業務に関しては、尾行や張り込みなど特殊性の高い仕事であるゆえ、使用する機材も様々です。
よって、機器のメンテナンスも重要な仕事です。

 

 

中心的な調査業務には、浮気調査所在調査家出人調査などが中心になります。
依頼者に関しては一部の大手の探偵事務所を除けば民間の仕事が一番多いと言えるでしょう。
また、この仕事は24時間時間を問わないために、非常に体力が必要な仕事になります。
この仕事で最低限必要なスキルは、運転免許証を取得していることと、法律に詳しくないといけません
特に調査業務では、他人の人権を侵すおそれがあるので、そこは違法にならないように十分注意する必要があります。

 

 

実際に探偵をされている人にお会いしたことがあるのですが、尾行などは特に車の運転技術が高くないと事故に繋がってしまう可能性があるのでペーパードライバーの方だと少し厳しいかもしれませんね。

 

 

探偵という仕事は、営業力が非常に大事であり、営業力がなければ仕事の依頼がきません。
あまり知られていない業界なので、ただでさえ営業努力を欠かさないことが存続するために最も必要になります。
またこの仕事をする上で最も大事なものが、クライアントが抱える悩みを一生懸命解決に導くことです。

 

探偵の仕事は求人を見つけて入社して見習いとして働きだすか、探偵学校に入って技術を学ぶかのどちらかです。
仕事の内容的に時間帯が不規則になるので中にはアルバイトとして探偵を募集している探偵業者もあります。