夫の浮気相手 慰謝料

夫の浮気相手から慰謝料請求をする際に大事なこと

浮気相手からも慰謝料請求をする時にまず必要なことは浮気相手の名前や住所といった情報を取ることです。
そして次に夫の浮気相手から慰謝料請求をする際に大事なことは、内容証明でしっかり請求することです。

 

請求できる金額はケースバイケースなので、いくらでも請求できるわけではありません。
かなり幅があることを知っておかなくてはなりません。
夫の浮気相手から慰謝料請求できる額は、数十万円から数百万円までと開きがあります。

 

夫の浮気相手に求めることのできる金額は、配偶者から既に慰謝料の支払いがあった場合、その金額によって変わってくるので注意が必要で、婚姻期間等によっても変わってきます。

 

実際に夫の浮気相手に請求できる金額は、相手との交渉によって詰めていきます。
費用対効果をみながら、弁護士に依頼するのが一番です。

 

とにかく慎重に、そして感情的にならないことです。
浮気相手に慰謝料請求できるのは、夫の浮気が原因で夫婦関係が破綻したことが根拠にある必要があります。

 

従って、別居するなどして夫婦生活が破綻している場合、浮気相手に対して慰謝料請求をすることはできません。
浮気相手への慰謝料請求対象となるのは、あくまで、故意もしくは過失の行為であることが必要になります。