浮気 慰謝料 目安

浮気による慰謝料の目安について

探偵に浮気調査を依頼して裁判でも使えるような決定的な証拠が出たとします。
それを元に離婚に至った場合に慰謝料はいくらぐらいもらえるものなのでしょうか?

 

個々の収入によって変わりますが一般的なサラリーマンを例にすると浮気による慰謝料の目安は300万円程度と言われています。ですのでこの300万円というのが一つの目安と考えておいていいでしょう。
裁判によって慰謝料請求が認められれば給料を強制的に差し押さえて相手に慰謝料を支払わせることができます。

 

 

気を付けたいのがもし相手に支払い能力がなければ例え裁判で勝ったとしても慰謝料を受け取ることはできないという点です。慰謝料というのはそもそも夫や妻、浮気相手から浮気によって受けた精神的な苦痛に対して支払われるお金ですので明確な算出基準というものがないのでそれぞれ個々の状況によって慰謝料が決まるというのがほとんどです。

 

 

相手の収入や浮気に精神的な損害が大きいほど大きくなると考えておきましょう。
例えば、単純な浮気で離婚や別居を考えていないケースと、別居や離婚に至った場合でも慰謝料の金額は異なります。

 

また、裁判を行った際と裁判所ではなく示談によって決まる場合もあります。
基本的にニュースやワイドショーで話題になるような膨大な慰謝料は稀で、裁判所で争わずに話し合いで決まるケースがほとんどです。

 

慰謝料も重要ですが、それだけではなく今後の自分の生活のことも考えることが重要です。

 

 

通常浮気が発覚すればすぐに離婚をするという考えのほうが多いと思われていますが、実際に探偵に浮気調査を依頼して浮気の決定的な証拠が出た場合でも離婚ではなく復縁を選択する人のほうが多いというデータもあります。

 

離婚をした後の自分の収入のことや子供のことを考えると必ずしも離婚をすることがベストな選択になるとは限りません。相手が反省している時に許すことができるのか、本当に離婚をしたいのかというのは探偵に浮気調査を依頼する前にじっくりと考えておいたほうがいいでしょう。