夫の浮気調査への対処法

「急に夫の態度がおかしくなった」

 

夫の帰りが遅くなった、携帯電話を常に持ち歩くなど兆候はいろいろあると思いますが
急に夫の態度が変わった時にパッと頭に浮かんでくるのは浮気をしているのではないか?ということでしょう。

 

一度夫の浮気を疑い始めてしまうとその不安や怒りはなかなか消えることはありません。
もちろん、思い過ごしであれば一番ですが残念なことに女性の勘はそんな期待を打ち砕いてしまうほど精度が高いです。

 

夫の浮気は早期発見によってその後の修復の確率が高くなると言われています。

 

実際に探偵に夫の浮気調査を依頼している人の多くが復縁を望んでいると言われています。

 

そして夫の浮気が黒だろうが白だろうが、
どちらかハッキリさせない限りそのモヤモヤとした気持ちが晴れることはありません。

 

その事実をハッキリさせて、また前向きな人生に戻るために利用したいのが探偵による夫の浮気調査です。
最近では浮気が発覚後、離婚に進むためのアドバイスや、関係修復のためのアドバイスなど、
ただ浮気の証拠を掴むだけに留まらずアフターフォローが充実している探偵事務所も増えてきています。

 

しかし、探偵と言っても人生において何度も利用する機会もないと思いますので、
実際に夫の浮気調査を相談することに不安を感じている人もたくさんいることと思います。

 

ですので夫の浮気調査を探偵に依頼した場合のメリットとデメリットをまとめてみした。

夫の浮気調査を探偵に頼むメリット

とにかく証拠が手に入る

黒でも白でもきちんと調査力のある探偵事務所に依頼すれば証拠が手に入ります。
そうすることによって少なくとも今あなたが抱えている不安を取り除くことが可能になります。
この際の証拠というのは黒である場合は裁判でも使えるもので離婚を有利に進めることも可能ですし、
自分で夫の浮気調査をすると白の場合に、何を持って白なのかという部分でどうしても疑いを消すことができませんが探偵に依頼をして調査をしてもらうことで疑いを消すことも可能となるでしょう。
個人の調査力と探偵事務所の調査力では比べものにならないと言わざるを得ないでしょう。

 

精神状態の違い

先程アフターフォローが充実している探偵事務所が増えているという話をしましたが、
それも含めて事前の無料相談などやはり一人で悩むのと相談できる相手がいるのとでは精神的な面で
大きく違ってくるのは間違いないでしょう。
特に自分で夫の浮気調査をする場合に仮に黒となる証拠や現場を抑えた時に、本来であれば冷静に対処をして
淡々と証拠を集めて自分が有利になるように進めなければいけないのですが、取り乱してしまい
相手をその場で問い詰めてしまったりすることで台無しになってしまうという可能性もあります。
何より、そんな証拠や現場に居合わせたり見つけたりすることがそもそも大きなストレスとなります。

夫の浮気調査を探偵に依頼した時に考えられるデメリット

費用

これはデメリットというよりもリスクと言ったほうが正しいかもしれませんが、
やはり探偵に夫の浮気調査を依頼した場合と自分で進めた場合の大きな違いはかかる費用でしょう。
どのようなケースかによりますが複数日に渡って夫の浮気調査を依頼した場合には100万円程度
ピンポイントで1日調査をしてもらった場合は10万円程度はかかります。
離婚をして慰謝料請求まで視野に入れている場合はパートナーの収入によっても変わりますが
一般的なケースでは十分に元を取れる金額ですが、そうでない場合や関係修復を前提にしている場合は
そのまま出費となってしまうことになります。

 

調査力のない探偵

これだけは絶対に避けなければいけないわけなのですが、悪徳な探偵というのは実際に存在します。
安い探偵=ダメというわけではありませんが、探偵にかかる費用がリスクとなっているということで
それに付け込んでろくな調査もしない(できない)探偵というのもいます。
もし夫に浮気調査がバレてしまえばより警戒されることとなり、証拠が掴みにくくなったり
別の探偵に依頼した時にさらに料金が高くなってしまうことにも繋がってしまいます。
なので探偵に依頼する場合は安心できて調査力が高い探偵事務所を選ぶことが大前提となります。

安心して夫の浮気調査を依頼できる探偵事務所

探偵事務所というのは星の数ほどありますが調査力の高いところは実は限られています
もしあなたが夫の浮気うんぬんの前にリスクを負いたくないと思っているのであれば
浮気調査は調査力の高い原一探偵事務所にお願いするといいでしょう。

 

原一探偵事務所はその実績からテレビ番組の調査依頼も受けている全国対応の探偵事務所です。
原一探偵事務所に依頼のある案件の80%は浮気調査と実績は十分です。

 

費用はいくらぐらいになるのか?依頼前に注意しておきたいポイントなどは
事前の無料相談で24時間対応でじっくりと話を聞いてくれます。

 

>>>原一探偵事務所の浮気調査の詳細はコチラ<<<

旦那さんの不倫相手に慰謝料を請求することはできるのか?

旦那さんが浮気をしていた場合、不倫相手に慰謝料を請求することもできます
離婚は考えていないけれど浮気は絶対にやめさせたい!という人は不倫相手に慰謝料請求をするという方法を取る人が多いようです。

 

その際に今後のことを考えて「次に不貞行為をした場合に違約金を〜円支払う」というような内容の契約を結ぶのです。

 

 

注意しておきたいのはこの時の契約書は公正証書にしておくということです。

 

似たような方法になりますが、まず不倫相手に慰謝料請求をしておいて、その後に不倫相手と交渉し、
二度と旦那さんと会わないことを条件にして慰謝料請求を取り下げるというやり方もあります。

 

この方法を取る場合も違約金に関する契約を公正証書にして残しておくことを忘れないようにしましょう。

 

ちなみに、旦那さんが会社や勤務先の同僚と不倫をしている場合などに、相手が勤務先にトラブルを知られたくないと思っていることはよくあります。

 

それを逆手にとって慰謝料請求をする際に「払わなければ勤務先にバラす」と言ってしまう人もいます。
夫の浮気に対する計り知れない怒りはわかりますが、これは脅迫罪名誉棄損罪になってしまう可能性があります。

 

仮に浮気相手に上記の方法を取る場合は「慰謝料を支払わないと給料を差し押さえるハメになって不倫が会社にバレてしまうかもしれませんよ」などと極力オブラートに包んだ発言に留めておいたほうがいいでしょう。

 

 

このような旦那さんの不倫相手に対する慰謝料請求や違約金に関する公正証書の作成などは自分ですることもできますが、やはり弁護士などの専門家に依頼したほうがスムーズに進めることができるでしょう。

 

また、これらの方法を取るためには言い逃れのできない決定的な浮気の証拠が必要になります。

 

浮気調査を探偵に依頼すると提携している弁護士にこういったことも相談できるので
それも踏まえて探偵社に一度相談をしてみることをオススメします。

 

 

>>>原一探偵事務所の浮気調査の相談はコチラ<<<

原一探偵事務所

更新履歴